蓄電池とは

蓄電池とは、充電することによって電気が蓄えられて電池として使うことができ、何かに電気を使って放電した後も、再度充電することによって使うことができるようになる電池のことを指します。二次電池・充電池・バッテリーとも呼ばれています。

別名の方が広く普及

蓄電池というと聞き慣れないかもしれませんが、充電式電池を略した言葉である「充電池」や自動車に採用されている「バッテリー」というと聞いたことがあるという方が多いのではないかと思います。

私たちの生活のあらゆるところで蓄電池は活用されています。前述の自動車のバッテリーもそうですし、ノートパソコンやデジタルカメラ・携帯電話などのバッテリーも蓄電池です。ほとんどの方が使用して知っているかと思いますが、使用とともに電池が少なくなってくるので、アダプターを使って充電することができます。

蓄電池が使われている製品

先に自動車やノートパソコンなどに蓄電池が用いられていると書きましたが、他にも色々な場所で利用されていますので、その代表的なものをいくつかピックアップしてみたいと思います。

自動車・フォークリフトなど

自動車やフォークリフトなどといった乗り物に搭載されているバッテリーは蓄電池の一種です。容量が大きく、比較的高い電圧を流すことができるため、乗り物以外にも産業用機械の非常時用バックアップ電源としても使われています。

ハイブリッドカー・電気自動車

ガソリンとバッテリーを組み合わせて走るハイブリッドカーや、車載電池から電力をエル電気自動車にも蓄電池が使用されています。どちらも普通のガソリン車よりも環境に優しく、またガソリン価格を考慮するとコスト面でも優位に立っています。

ノートパソコン・デジタルカメラ・携帯電話など

これらの電子機器に搭載されているバッテリーや電池パックも蓄電池です。自動車に使われているものよりも、繰り返し充電したり継ぎ足し充電したりする点において、優れているため、家庭用の電子機器によく使われています。

数年以上など、長期間にわたって携帯電話を使い続けていて、電池の減りが早くなったという経験をされたことがある方も多いのではないでしょうか。これは、蓄電池が劣化してきたということです。携帯電話の裏の電池カバーを開けてみて、電池パックがふくれあがっているのであれば、それは電池交換のサインと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「蓄電池」と直接耳にしてもあまりピンと来ないキーワードではありますが、実は様々な電子機器に活用されているのです。もしかしたらあまり知られていないのは「蓄電池」という言い方の問題かもしれません。もっと一般的にも知られている「バッテリー」というと分かりやすいのではないでしょうか。

これから家庭用の蓄電池市場は更に拡大を続けていくと予測されています。現在は上記のような電子機器などに活用されていますが、今後予測通りに拡大を続けていくとすると、一般の住宅や太陽光発電システムに蓄電池が最初から備え付けられているというケースも増えていくのではないかと思います。