仕組みとメリット・デメリット

更新日:2017年7月16日

HEMSの仕組みとメリット・デメリットをご紹介しているページです。仕組みに関しては定義と役割のページと被る点もありますので、完結にご紹介しています。

メリットとデメリットに関しては太陽光発電と似たような構図と言え、メリットは非常に大きいものの、価格や対応機器の数などが導入のハードルになっています。

仕組み

HEMSの役割は「エネルギーの見える化」と「エネルギーの制御」を行うことです。まず前者の見える化を実現するために、分電盤と測定装置を繋ぎます。

メーカーによっても異なるのですが、電力を計測したい場所にタップを外付けするというケースや、これまでの分電盤をHEMS専用の分電盤に交換するというケースもあります。

測定装置は無線LANで中継器や情報収集装置と繋がっていて、屋内のタブレット端末やメーカーの専用サーバーに情報が送られます。

こちらもメーカーによって異なる点がありますので、仕組みの詳細についてはHEMSの主なメーカーのページをご覧下さい。各社とも分かりやすいイラスト付きで解説をしています。

メリット・長所

HEMSのメリット・長所を箇条書きにしてまとめてみました。

  • 電力が見えるようになる(エネルギーの見える化)
  • 電力のみならずガスや水道や電気自動車との連携も可能(同上)
  • 各電化製品の自動制御が可能となる
  • 省エネや節電へのモチベーションが上がる
  • 子どもも楽しみながら省エネに取り組める
  • 電力需要のピークカットやピークシフトが容易になる

実際に体験して頂けると分かりやすいのですが、やはり「エネルギーの見える化」は本当に大きなメリットです。

リアルタイムで使っているエネルギー量を数値で把握できるだけではなく、昨日や先週などといった過去の数値と比較することもできるため、省エネや節電へのモチベーションが上がります。

また、もう一つ面白いなと思うのは「子ども」についてのメリットです。

その日のエネルギー使用量に応じてポイントやスタンプなどで評価されるという機能を持った機器が多く、小さい子どもは特にこれらの評価に喜びやすいため、自ら積極的に節電や節水などといった省エネ活動に取り組んでくれるという報告もあります。

最後に、ピークカットやピークシフトについてのメリットも見逃せません。

「全国的に電力需要の大きい夏場の日中には、電力会社が提供する電力ではなく、家庭用蓄電池に蓄えておいた電力を使うようにする」などといった方法で、ピークカットとピークシフトを実現できます。

デメリット・短所・課題・問題点

今度は逆にデメリット・短所を箇条書きにしてまとめてみました。

  • コストメリットがさほど明確ではない
  • 最近注目が集まり始めたため、まだ認知度が低い
  • HEMSの通信規格「ECHONET Light」に対応していない電化製品がまだまだ多い

主な課題は以上の3点です。

まず最初に立ちはだかっているのが1番目のコストに関する点です。

決して安いとは言えない各種機器の導入が必要となりますが、工事費を含めた導入にかかる「総費用」と、導入後の省エネで達成した「電気代の節約費用」を天秤に掛けたとき、消費者が絶対的なメリットを感じるかどうかが疑問です。

2つ目は、HEMSという言葉自体を全く知らないという方や、言葉自体は知っていても何のことだかよく分からないという方がとても多いという課題です。知らないものを自宅に導入しようという方はいらっしゃらないでしょう。

最後の3つ目は、HEMSで電化製品を自動制御したい場合には「ECHONET Light」に対応している電化製品でなくてはいけないという課題です。

これから登場する製品については対応するものも増えていくことが予想されますが、現在既に使われている製品のほとんどは対応していないため、自動制御は行えません。