水力発電

水の流れを利用して電力を生み出すのが水力発電です。山や川の多い日本では、他の国々よりもよく利用されています。落差のあるダムを利用して、水を下に流して発電用の水車を回すという仕組みが最も一般的となっています。

発電の仕組み

水が落下する力を利用して発電水車を回すというとても環境に良い仕組みです。太陽光発電風力発電と同じく、再生可能エネルギーを利用します。落差さえあれば発電することができるため、水車を設置できる範囲も広いです。

水の流れという自然のエネルギーを利用しているため、電力需要への変化に対応しにくいと言えますが、他の再生可能エネルギーを利用する発電方式(太陽光発電や風力発電)と比べるとコストが安く済むという特徴もあります。

メリット・長所

水力発電のメリット・長所を箇条書きにしてまとめてみました。なんといっても最大の強みは水という再生可能なエネルギーを使っているという点です。エネルギー資源に恵まれているとは言い難い日本でも、水という資源にはとても恵まれています。その他、二酸化炭素を排出しないので環境にも優しいということができます。

  • 再生可能エネルギーを利用しているので、外部からの影響を受けにくい
  • 発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない
  • 酸性雨や光化学スモッグなどといった大気汚染の原因となる酸化物を排出しない
  • 山が多く、起伏の大きい日本に向いていると言える
  • 揚水式発電なら電力需要の大きい時間帯に発電を集中させることができる
  • 超小型水力発電所なら用水路や小川などでも発電できる

デメリット・短所・課題・問題点

今度は逆にデメリット・短所を箇条書きにしてまとめてみました。メリットの項目で環境に優しいと書きましたが、それは発電開始後の話です。実は発電所を作る際に森林など自然環境を破壊してしまうという問題点があります。また、ダム建設にかかる費用なども問題視されることがあります。

  • 多くの場合、ダムを造る必要があり、周辺地域の自然環境を破壊する
  • 長年使い続けているとダムの底に土砂が溜まってしまい、発電量が減る
  • 現在、日本国内で新たな大型ダムを造るのは困難
  • 雨が降る量によって発電量が左右されてしまう可能性がある

推進派と反対派

水力発電は古くから日本でも行われている方式で、かつては火力発電よりも多くの電気を生み出していたこともありました。現在は再生可能エネルギーということで、再び脚光を浴びていますが、日本ではダムを造れるような場所がもう限られているということもあり、これ以上の発展の可能性は少なそうです。

一方で、世界ではまだまだ水力発電に適している土地が残っているので、これからも数が増えていくのではないかと予測されています。ダムを造る必要がある場合はどうしても自然環境を破壊してしまうため、反対の意見が挙がることも多いのですが、造った後は二酸化炭素も排出せず、地球環境に優しいというメリットもあります。

推進派の意見

●●自分は水力発電は賛成派です。エネルギー資源に恵まれているとは言えない日本には、山や川が多くあり、水の流れを利用して電力を生み出す水力発電は適している国だと思うからです。

あと、他の再生可能エネルギーを利用する発電方式と比べるとコストが安く済むという特徴があります。

なにを言っても温室効果ガスを排出しない、光化学スモッグや酸性雨と言った大気汚染の原因となる酸化物を排出しないといった環境に優しい水力発電はこれからの地球温暖化を食い止めるには必要な発電方法だと思います。

水力発電は落差のあるダムを利用して、水を下に流して発電用の水車を回すという仕組みが最も一般的です。ダムを造ることが必要なので、ダムの費用や周辺地域の自然環境を破壊してしまいますが、山の起伏が大きい日本には向いている発電方法だと思います。

あと、超小型水力発電もあるので、用水路や小川などでも発電できます。改良していったら、いつか家庭でも水力発電できるようになるかもしれないですね。

●●水力発電に全面的に賛成です。これまで電力供給の主流であった原子力発電所の危険性があらためて認識されるようになり、将来の子どもたちに残していくものとして不安を感じています。

この世界に生きているのもとして、処分のできない危険なゴミや事故を起こす可能性のある原子力発電にいつまでも頼っていてはいけないと思います。原子力発電に代わるものとして、自然エネルギーを利用した水力発電は、これから増えていって欲しい存在です。

水力発電は、電力会社だけでなく一般に人々にも発電に参加しやすいというメリットがあると考えています。

例えば、田畑の用水路を利用した簡易水力発電や下水処理施設を利用した水力発電が増えていると聞いたことがあります。電力会社のように大きなダム等をもっていなくても発電ができるのです。

日本は水資源が豊富な国です。至るところに水が流れています。個人家庭や各自治体が、小さな水力発電を利用するようになれば、ゴミのでない素晴らしい世界になるのではないかと思います。

●●水力発電はとても魅力的だと思います。火力発電は二酸化炭素を出すので地球温暖化の原因です、また燃料が高騰すると電気代も上がってしまいます。ですが水力発電は水の流れで発電しますので自然に優しいです。

ダムを作って大きな水力発電所を作るのではなく、川や水路で発電ができる技術が沢山増えて欲しいです。日本には沢山の川があるので利用しないのは勿体無いです。日本全体の電力がすべて水力発電で賄う事は難しいと思いますが、これから増えていってほしい発電の方法です。

中立的な意見

●●日本だけでなく世界的に研究開発が行われているのが再生可能エネルギーです。これは、自然に優しいエネルギーとして将来を有望視されています。

その中でも、水の流れの力を利用してエネルギーを生み出す方法のことを水力発電といいます。ダムや水車をイメージするとわかりやすいでしょう。環境に優しいとは言いますが、果たして本当でしょうか?

ダムのような巨大な施設を建てるためには広い土地が必要になります。人が住むところに建てるわけにはいきませんから、山間部を切り開いてその広大な土地を利用するのです。この時点で既に自然破壊につながります。それまで森で暮らしていた動物の住処がなくなります。

更に、水力発電で生み出せるエネルギーは、火力発電や原子力発電に比べればどうしても低くなってしまいます。水力発電の施設を建てるまでにあらゆるデメリットがあるのです。他の発電方法に研究費を投じたほうが経済面・環境面で効果的ではないでしょうか。

●●現在、資源の再利用や自然にやさしいエネルギーが注目されています。その観点からみると、水力発電がもっと重要視されてもいいと思います。水を利用する事で、大気や水を汚染したりする事もなく自然にやさしいし、原子力発電のような大規模な事故のリスクもないということがメリットにつながると思います。

ただ、水を貯めるためにダム等の建設が必要になる為、ある意味では、自然破壊にもつながると思います。しかし、現状の施設を利用し、より多くの電力を供給できるような技術の開発が行われることを期待したいです。

●●現状では唯一、経済ベースで有効な再生可能エネルギーは水力発電ということでしょう。水力発電は他の再生可能エネルギーの中でも特にコストが安いのが特徴です。その上、発展途上国などを含めるといまだ活用されていない水力発電は膨大であると言われ、これからの整備も期待される発電方法です。

ただ、先進国においてはもう利用可能な水力発電はわずかであることも分かっています。特に日本においては新しい大規模な水力発電は無理でしょう。

●●今まで頼ってきた原発が、あの東日本大震災によってどれだけ恐ろしいものかを皆が知るところになり、これからの電力確保は大きな課題になると思います。

火力発電はたくさん発電することが出来、需要に応じて電力を調整することも出来るという利点もありますが、価格の変動に左右されやすく、大気汚染や温暖化など地球への負担はかなり大きいという難点があります。

水力発電はクリーンなエネルギーであるけれど、電力量は自然に左右されやすく、新しく開発するには適した場所とお金がかかるという、利点と難点があります。

それを考えると、どちらが良いということは言えず、これからの電力確保は、一つの主力発電に頼るのではなく、その地域にあったそれぞれの利点を生かしやすい発電システムを作ることが大切だと思います。風力発電や自家発電、太陽光発電もその選択肢の中にはいるのではないかと考えます。

反対派の意見

●●私は水力発電には否定的です。というのは、生態系を脅かしてしまうのではないかという懸念からです。

水力発電の問題点は、ダムの建設をしなければならない点にあります。たしかに水力発電は高いところから低いところへ水が流れることによる高低差で水車を回して発電するため、環境に優しいと思われがちですが、それは水力発電の一側面しか見えていません。

水力発電をするためにはダムの建設が必要と書きましたが、そのほとんどが、森林を伐採してダムを建設するため、周囲の生態系を脅かしてしまう危険性があります。短期的には電力が賄えていいかもしれませんが、長期的に考えると必ずマイナスに働きます。

それは、もしかしたら今生きている私たちがもういない頃になるかもしれませんが、それなら良いと考えるのは、あまりにも後世に対して無責任ではないでしょうか。

さらに長期間経過すると、ダムの底には土砂がたまり、発電量が減ってしまうという負の効果もあります。長い年月が過ぎたあとには、荒れた生態系と、使い物にならないダムを残していいのでしょうか。水力発電を推進しようとはどうしても思えません。

●●環境面から水力発電に対して反対します。まず、水力発電を作るにはダムを建設する必要があります。日本には、既にたくさんのダムがあります。ダムを建設するには既にある森林をたくさん伐採しなければなりません。

ただでさえ、温暖化によって世界全体が砂漠化しています。異常気象が増えて、このままいくと地球は滅びるという意見まであります。自然を維持することで、温暖化を防いで人間にとって最適な環境を提供してくれます。作物を実らせることが出来ます。ですから、環境破壊の面から言っても水力発電に関しては反対です。

また、水力発電は天候にかなり左右されます。ダムに水が貯まらなければ、発電に十分な放水が出来ないため作動しません。時に水不足が続くことがあってダム内の貯水量が少ないときがあります。異常気象で雨が降らない時期が続くことも考えられます。

このような不安定な要素の中で、環境を破壊してまでわざわざ作る必要があるのか大いなる疑問です。

●●近年ほど環境破壊に対する世間の目が厳しい時代はありませんが、そうなると水力発電もその対象になることを免れることはできなくなります。なぜなら、ダム建設に伴い、それまで人々が平和に暮らしていた地域を根こそぎ破壊するからです。

ダムが完成して、故郷が水没してしまったことを嘆いている人は少なくないはずですし、これを上回る規模の環境破壊は福島第一原発のような原子力事故以外には思いもつかないことでしょう。これでは、水力発電が環境に優しいとは到底言えないのではないでしょうか。

水力発電所の一覧

当サイトでは水力発電の仕組みとメリットデメリットをご紹介しておりますが、日本全国に存在する多数の水力発電所のご紹介は行っておりませんので、水力発電所の情報を知りたいという方は次のサイトにアクセスしてみてください。ダム式のところを中心に、数多くの水力発電所を取り上げています。
水力発電の概要と日本の水力発電所一覧(新しいページで開きます)