スマートハウス

更新日:2017年7月16日

エネルギーをより効率的に利用するための工夫が加えられている住宅のことを「スマートハウス」と言います。スマートハウスという言葉が普及する前までは「省エネ住宅」と表記されることもありました。

近年、日本全体でエネルギーや電力への関心が高まってきていますが、同時にスマートハウスへの期待や注目度も上昇中です。

以前から多くのハウスメーカーや家電メーカーが一緒になって取り組んでいた住宅の省エネ化ですが、ここ数年で「国による補助金などの支援」や「民間団体による普及活動」が活発になったことから、これから更に普及が進むと見込まれています。

こちらのページでは、そんなスマートハウスに関する様々な情報をご紹介します。

定義

まずはスマートハウスの定義についてご紹介します。日本ではここ数年でよく耳にするようになりましたが、実は1980年代にアメリカで誕生した言葉なのです。

誕生から現在までの間に、スマートハウスの定義は少しずつ変化していますが、こちらでは今現在「スマートハウス」という言葉がどのような意味なのかを解説します。
続きはこちらから:スマートハウスの定義

仕組みとメリット・デメリット

次に「スマートハウスは一体どのような仕組みとなっているのか」「スマートハウスではない一般住宅と比較して、どのような長所や短所があるのか」といった点をご紹介したいと思います。

テレビや書籍等といったメディアでは、長所の方が強調されることが多いのですが、短所が全くないというわけではありません。
続きはこちらから:スマートハウスの仕組みとメリット・デメリット

価格と補助金

続いてご紹介するのは、スマートハウスの普及にあたってネックとなっている価格に関することです。

一つ上の項目でご紹介しているメリットをご覧頂ければ、これからの日本においてスマートハウスは非常に重要な存在となるということがお分かり頂けるかと思います。そのため、国も普及促進のために補助金制度を設けています。
続きはこちらから:スマートハウスの価格と補助金

※こちらの項目では「太陽光発電・家庭用蓄電池・HEMS」の3つに関する補助金制度を取り上げておりますが、平成26年までに全て運営終了となりました。今後は地域ごとの地方自治体が主体となって補助金制度を運営していくことが予想されます。

メーカー

「新居を購入する際にスマートハウスを検討している、もしくは今の家を建て替える際にスマートハウス化することを検討しているけれど、どこの誰に相談すればいいのか分からない」という方はこちらのページをチェックしてみて下さい。

買う買わないは別にして、相談するだけでも様々な知識が身につくのでおすすめです。
続きはこちらから:スマートハウスの主なメーカー

市場規模

こちらでご紹介するのは、スマートハウスのこれからについてです。日本国内において発電やエネルギーへの注目が飛躍的に高まりつつあるなか、スマートハウスが私たちの生活に与える影響は大きく、これからの市場拡大にも期待が集まっています。

そこでこちらでは、現在の市場規模と今後の予測をご紹介したいと思います。
続きはこちらから:スマートハウスの市場規模

スマートハウスに詳しいサイト

最後になりますが、当サイトと同じようにスマートハウスに関するコンテンツを扱っている外部サイトをご紹介します。「スマートハウスと家庭用蓄電池のスマクー」というサイトなのですが、スマートハウスとスマートグリッド全般の解説を行っているほか、数多くのハウスメーカーの情報も掲載されています。