川内原子力発電所

更新日:2019年6月12日

川内原子力発電所は鹿児島県薩摩川内市にある原子力発電所です。地震に対するリスクや事故時の避難計画の不備などが指摘されていて、何かと物議を醸すことの多い原発でもあります。

よく似た名前の「川内発電所」という発電所が川内川を挟んで向かい側にありますが、こちらは火力発電所ですので、間違えないように注意しましょう。

概要

発電事業者 九州電力
所在地 1,2号機:鹿児島県薩摩川内市久見崎町字片平山1765番地3
3号機:鹿児島県薩摩川内市久見崎町及び寄田町
現在の状況 1,2号機:点検中
3号機:計画中
定格出力 1号機:89万kW
2号機:89万kW
3号機:159万kW
原子炉の形式 1号機:加圧水型軽水炉(PWR)
2号機:加圧水型軽水炉(PWR)
3号機:改良型加圧水型軽水炉(APWR)
運転開始日 1号機:1984年7月4日
2号機:1985年11月28日
3号機:2019年度予定
公式サイト こちら
周辺地図 1号機・2号機


3号機予定地