更新日:2018年12月9日

寒さの厳しい冬の時期には、暖房やヒーターなどによる電気使用量が多くなります。夏の反対で、いかに室内の温度をキープするかが節電のポイントとなってきます。そこでこちらでは冬にできる節電対策と方法をご紹介します。

エアコンの節電

冒頭でも触れていますが、エアコンの電気消費量をいかに減らすかが重要です。さすがにエアコンを全く使わないのは厳しいかもしれませんが、設定温度をいつもよりも2度低めに設定することによって約1割の節電となります。

厚手のカーテンを使う

厚手のカーテンを使うことによって、室内の温度を外に逃がさずに済みます。これにより部屋の暖房効果が高くなるため、より少ない消費電力で部屋全体を暖めることが可能となります。もし窓が二重窓である場合には、両方ともしっかりと窓を閉めることによって更に効果を高めることができます。

石油ストーブ・石油ファンヒーターを使う

暖房・エアコンと比べるとその節電効果は抜群です。もちろん石油の価格によってかかる費用は変動しますが、それでも暖房の光熱費よりは安くなることが多いです。ストーブなら上でお茶やお湯も沸かすことができるので、ポットも不要です。

湯たんぽをつかう

原始的ではありますが、侮れません。夜寝るときには暖房を使わなくても湯たんぽさえあればポカポカとします。暖房や電気毛布よりも健康に良いと言われていますので、節電もできて一石二鳥なアイテムです。

家庭ですぐできる冬の節電

JCCCA(全国地球温暖化防止活動推進センター)という社団法人が「冬の節電方法」として効果的なものを発表しています。その中から、当ページでご紹介していない方法を何種類かカテゴリー別に選んでご紹介したいと思います。

リビング

  • 暖房のフィルターの掃除を行う
  • 部屋のドアや窓などをちゃんとしめる
  • 家族みんなで同じ部屋にいる時間を長くする
  • 暖房の温度設定を低めにする(20度~22度)
  • 暖房で部屋全体を暖めるのではなく、こたつやホットカーペットなどを使う

台所・浴室・トイレ・その他

  • 乾燥機を使わない
  • 冷蔵庫の温度設定を中にする
  • お風呂の保温機能を使わない
  • 便座のふたをちゃんとしめる
  • トイレの便座の保温機能を使わない
  • 電気ポットや炊飯ジャーなどの保温機能を使わない

以上となります。冬の節電でポイントとなるのはやはり暖房です。政府の環境省の発表では20度が設定温度の目安とされていますが、一般家庭では20度だと寒いかもしれませんので、あえて20度~22度という表記にさせて頂きました。

こたつよりも電気毛布(頂いた体験談)

こたつは暖房よりも電力消費が少ないからか、「冬の節電対策はこたつで決まり!」と思っている方も多いかと思います。実はまだ、節電方法があります。この方法は家族がいる場所では余り使えない方法なのですが、一人暮らしの方などであれば、特に問題なくできるかと思います。

寝るときに使う電気毛布は、こたつよりも遥かに消費電力が小さいです、その電気毛布を包んで、お腹に巻いて使えば、それだけで十分暖かいです。これは成功例と個人的に言えます。

まさか、寝る時の電気毛布を腹の周りに巻いて使うという発想はあまりしないと思いますが、それは上の服の中で巻くと、非常に効果的です。これで十分暖かいし、「低温やけど」などの症状を起こした事が今までにありません。言うなれば、女性の和服の巻物が電気毛布になっているといった感じです。

特に副作用も無いと思いますが、やはり長時間の利用は避けておいた方がいいと思います。前述の通り、私はなったことがありませんが、場合によっては低温やけどを起こしてしまうこともあるかと思います。

こたつの場合は、冬の活動範囲が限定されますが、この方法ならあまり限定されませんのでおすすめです。ちょっと不格好ではありますが、ぜひお試し下さい。

最後に

夏の節電対策と方法のページでも同様のことを記載させて頂きましたが、節電をするに当たって無理はしないようにしましょう。節電のためだからといって暖房を全く使わずに風邪をひいてしまっては元も子もありません。無理をしない程度に適度に活用するようにしましょう。